肺がんガイドトップ > 肺がんの原因

肺がんの原因

肺がんは様々なことが要因となり発症する病気です。しかし、喫煙、遺伝、生活環境、肺疾患などが主な原因になるでしょう。言うまでもなく喫煙は発症リスクを高めます。一般的の方に比べ5倍も高くなると言われているのです。近親に発症者がいる方も発症率が高い傾向があります。また、アスベストやコールタールを扱う職に従事している方、COPDの発症者も注意が必要になるでしょう。肺がんは死亡率が高い病気です。発症させない努力を早めに始める必要があります。

肺がんの主な原因
肺がんを発症する主な原因には年齢に取る衰え、長期間の喫煙、発癌物質の吸引などが関係しています。
喫煙の関係
タバコには様々な有害物質が含まれているため、発症率が約5倍も高まります。受動喫煙も同じ影響が及ぶため注意しましょう。
アスベストの関係
アスベストは癌の発症率を上げる要因になります。更に喫煙がプラスされると発症率は確率は一気に高まります。
COPDと肺がんの関係
COPD患者は発症リスクが約5倍も上昇するとい言われており、更に肺がんを併発すれば死亡率は7倍にも高まるのです。
肺がんになりやすい人
肺がんは男性に多く、特に喫煙者や近親者に発症者がいる方が生じやすい、発癌物質が多い職場の方に多いようです。
肺がんは遺伝する?
遺伝要素は未だ解明されていませんが、近親に発症者がいる方は発症率が上がるデータが出ています。
PM2.5と肺がんの関係
PM2.5にはタバコと同等の発癌物質が含まれているため、吸引量が多くなると肺がんの発症率が高まるでしょう。