肺がんガイドトップ > 肺がんの原因肺がんになりやすい人

肺がんになりやすい人

肺がんは生活環境・習慣、遺伝、年齢なども発症要因になりますが、喫煙が最大の危険因子なのです。喫煙者は発症率が5倍も高まると言われています。近い将来、肺がんで苦しまないためには、今すぐ禁煙し肺を労わる努力を惜しまないようにしましょう。

肺がんは男性に多い病気

日本では肺がんで亡くなる方が増加傾向にあり、現在も年間約7万人の方が肺がんによって命を落としています。特に男性の発症・死亡例が非常に多く、男女比では8:2の割合になっています。

男性に発症者が多いのは喫煙との因果関係があるためだと言われていますが、それ以外にも要因は多々あるようです。

肺がんは死亡率が高い上に、辛い症状が多く、進行後は日常生活にも支障をきたすようになる怖い病気です。肺がんを発病するのか予測するのは不可能ですが、肺がんになりやすい体質、生活習慣を理解することである程度の予防を行えるようになるかもしれません。

肺がんの発症原因

肺がんを発症する原因には生活環境、生活習慣、遺伝、年齢など様々なものがあります。ですが最も注意したいのが喫煙です。

喫煙は最大の危険因子であり、喫煙者は非喫煙者の5倍も発症率が高いと言われています。一説には喫煙がなければ男性肺がん患者の60%が発病しないとまで言われるほどです。喫煙をされている方は禁煙に努めたほうがいいでしょう。

年齢も発症要因になります。癌は遺伝子が傷つくことで発生します。若い方は傷を修復する力が強く癌化しづらいのですが、中高年になると修復能力が衰え癌化しやすくなるのです。40歳を超えたら定期的に検診を受けた方がいいでしょう。

遺伝も原因の一種

遺伝的要素が発症要因になることもあります。近年の研究では癌に深く関わる遺伝子が発見されており、更にこの遺伝子異常が多発する家系があることも解明されています。近親に癌発症者がいる方も注意した方がいいでしょう。

これ以外にも排ガス、アスベスト、クロム、コールタールなどの吸引や、乱れた生活習慣も肺がんの原因になりえます。

様々なことが原因になり、中には対処が難しいものもありますが、予防策がない訳ではありません。自身の生活を見直すだけでなく、肺を労わる生活を心がけるといいでしょう。

スポンサードリンク