肺がんガイドトップ > 肺がんの症状

主な症状

肺がんには初期症状が少ないタイプもありますが、一般には咳、痰、息苦しさなどが現れます。癌が進行すれと胸水の増加が起こるため胸痛や呼吸困難が症状として起こるケースもあります。原因は癌の肥大化による圧迫や、気管支の閉塞です。また、癌が一気に散らばる胸膜播種も症状の悪化を招く原因になるでしょう。肺がんは大変辛い症状が伴います。また、治療も難しく、進行もしやすいのです。発症後に後悔しないよう、発症前の努力を怠らないようにしましょう。

肺がんの初期症状
主な初期症状は、長期に及ぶ咳、痰、息苦しさなどが考えられます。なお、肺野型のように初期症状が少ないタイプもあります。
息苦しさや胸の痛み
この症状は成長した癌が気管を塞いぐことや、胸膜播種、胸水による肺・心臓の圧迫などが主な原因です。
胸水がたまる
元々存在する微量な胸水が悪性腫瘍の影響で増加した状態です。肺がんの特徴的な症状といえるでしょう。

浸潤と転移

肺がんが怖い病気と言われる所以は浸潤と転移が早くに起こる点です。浸潤は正常な細胞に癌が引っ付き増殖を起こした状態です。更に進行し血管やリンパ節にも浸潤すると、その流れに乗って他の臓器への移動と浸潤を起こします。これが転移です。転移は血管やリンパがある場所なら何処でも起こる危険があり、逆肺、骨、血管、心臓、脳なども転移を起こします。また、転移後は治療をしても癌細胞が残っている可能性が高くなるのです。

ある程度進行した時の肺がんの症状
進行した肺がんには気管支ぜんそくに似た症状、胸痛、胸水貯留などが現れます。
浸潤と転移について
浸潤は癌が周辺組織に入り込み増殖した状態です。転移はリンパや血流に乗って他の器官で増殖を始めた状態です。
肺がんの浸潤による症状
浸潤部位によって症状が異なります。食道なら閉塞症状、胸水が溜まれば不整脈・動悸、血管なら浮腫などが伴います。
転移しやすい部位
リンパや血管のある場所なら体中何処でも転移が起こります。ただし、逆肺、食道、骨、血管、脳などが起こりやすいとされています。
転移による症状
一般には咳、血痰、呼吸困難などが伴いますが、転移を起す場所によって様々な症状が現れるようです。
転移性肺がんについて
肺以外の場所から転移を起した肺がんです。大半の癌が肺に転移しやすいため癌の治療後は肺への転移に注意しましょう。
脳転移の症状や治療
癌が脳を圧迫するため、手足の麻痺、頭痛、吐き気、嘔吐、ろれつが回らない、言葉が出てこない、意識障害などの症状が伴います。
骨転移の症状や治療
骨転移の代表的な症状は骨の弱体化です。軽い衝撃でも骨折が起こるなど細心の注意が必要です。

転移の種類

肺がんの転移方法は主に3つです。リンパの流れを利用するリンパ行性転移、血液と一緒に全身に運ばれる血行性転移、種を蒔くように散らばる播種性転移です。肺がんは早い段階からリンパ・血液による転移が起こりやすい特徴があります。播種性転移は進行した肺がんで多く見られる症状で、非常に危険な状態を表します。当然、予後も悪く生存率も低下することになるでしょう。全身に転移した癌を一掃することは不可能なため、転移を起させないため早期治療が重要になるのです。

リンパ行性転移
癌細胞がリンパ節に到達しその流れに乗って全身に移動する状態です。肺がんは様々なリンパ節に転移する可能性があります。
血行性転移
血流に乗って癌が全身に運ばれてしまうものです。肺がんでは比較的早期にこの転移が起こる可能性があるため注意が必要です。
播種性転移
癌が種をまくように散らばる転移です。非常に危険な症状で、5年生存率や予後を悪化させることになります。