肺がんガイドトップ > 肺がんの症状胸水がたまる -肺がんの症状-

胸水がたまる -肺がんの症状-

肺がんの症状として肺に水が溜まることがあります。この水は胸水といい、あまりに大量の胸水は呼吸困難や強い胸痛を起す原因になるのです。また、胸水が細菌感染すると膿胸が生じるため、胸腔ドレナージなどの適切な処置が求められます。

癌の影響による胸水が溜まる

肺がんには治療を円滑に行うための様々な分類が存在していますが、この分類は治療だけに必要な訳ではありません。何故なら肺がんは組織型によって症状が異なる場合があるからです。

一般的には咳、血痰、呼吸困難、胸痛などが知られていますが、体重減少、ホルネル症候群、かすれ声なども起こります。更に進行すれば肺に水が溜まることもあります。この水を胸水といいます。胸水が溜まると強い胸痛や呼吸困難の原因になります。

これで済めばいいのですが、胸水が細菌感染すると、臓器の圧迫、ショック症状など重篤な症状につながることもあるのです。

健康な人にも胸水は存在する

人間の胸部は骨や筋肉から成る胸壁内に各臓器が納まっており、臓器と胸壁の間には薄い膜が張っています。これは胸膜と呼ばれています。この膜の間にも胸腔と呼ばれる空間があり、そこには微量の胸水が溜まっているのです。

胸水は臓器の衝突を防ぐ働きがあるのです。肺に炎症や悪性腫瘍が発生すると胸水は増加を起こし、いわゆる肺に水がたまる状態が起こります。胸水が溜まる主な原因は胸膜に癌がちらばる胸膜播腫、もしくは腹膜の炎症です。

なお、胸膜播腫は末梢型の肺がんで見られる現象です

胸腔ドレナージによる胸水の除去が有効

胸水の異常増加は肺がんの症状を悪化させ、更に肺に膿が溜まる膿胸の原因になることがあります。そのため、量が多い場合は胸腔ドレナージと呼ばれる治療が行わています。

これは脇下に小さな穴を開け、そこからチューブを挿入し胸水を除去する治療法です。胸水が減少するため、胸痛などの諸症状は改善してきます。ただし、胸腔ドレナージによる効果が低いこともあり、この場合には手術による治療で対処することになります。

進行が早い肺がんを治すためには早期に発見する事が何より重要です。そのためには症状が現れる前に検診などで発見することが大切になります。各自治体が行う肺がん検診を受けるなど、病気を見逃さない努力を怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク