肺がんガイドトップ > 肺がんの症状血行性転移について

血行性転移について

肺がんはリンパ節と共に血流による転移も起こりやすい病気だと言われています。これを血行性転移といいますが、確認された場合には血管がある場所全てが癌の侵食が進む可能性を持つことになります。よって、根治治療が困難になるのです。

早い段階から起こる転移

肺がんは他の癌と比べ、成長スピードが速くまた転移や再発の確率が高い癌として知られています。

これはリンパ節や血管、臓器などが集まる胸部に肺が位置していることも要因の一つです。さらに小細胞肺がんなら早期でも転移を起こす危険があるのです。

肺がんによる転移は主に3つのルートが考えられます。リンパ節を通るリンパ行性転移、血管内を通る血行性転移、癌が種をまくように散らばっていく播腫性転移です。この内、リンパ行性転移、血行性転移は早い段階から見られる転移です。

癌の転移を許せば治療を困難にさえ、生命も危険に晒されることになります。可能な限り早期に治療を行えるようにしましょう。

血行性転移の仕組みと転移部位

癌細胞は制御や規則に関係なく分裂を繰り返しますが、その途中で塊から離れる細胞が現われます。これがリンパ液や血流に乗り他の部分で侵食を始めるのです。

通常、細菌などは抗体の働きや環境の変化により死滅するケースが多く、生き延びること事態が非常に稀です。しかし、癌細胞は生き延びて更に増殖する可能性が高い特殊な細胞なのです。このような仕組みにより血行性転移が引き起こされています。

転移する場所は血流がある場所全てが候補になります。つまり全身のどこで起こっても不思議はありません。ですが、一般には主気管支、胸壁、横隔膜、食道などの肺周辺。もしくは副腎、肝臓、心臓、脳、骨、血管など多臓器や器官に転移します。

血行性転移の症状と治療法

血行性転移による症状は転移した部位によって異なります。また、転移後の症状は癌が成長するまで現れない特徴があります。

転移状況の確認には胸部CT検査、MRI検査など立体的画像で確認できる検査が効果的です。また、PET検査や腫瘍マーカーも転移癌には有効にはたらくでしょう。

転移がどこまで広がっているか把握出来ない以上、手術は行えません。よって、抗がん剤による化学療法と放射線治療を組み合わせた治療が効果を発揮します。転移した癌は発見も難しく治療を困難にさせます。肺がん検診の活用により早期に発見できるようにしましょう。

スポンサードリンク