肺がんガイドトップ > 肺がんの症状肺がんの初期症状(咳・血痰等)

肺がんの初期症状(咳・血痰等)

咳や痰、初期症状はかぜに似ている

肺がんの初期症状は風邪などの呼吸器系の病気に似ています。なかなか止まらない咳や胸の痛み、声の枯れ、疲労、食欲不振など、かぜとよく似た症状のため肺がんの早期発見は遅れがちです。

肺門型肺がんは初期のころからせきや痰、ときには血痰が出ることもあります。これは肺の入り口にできるがんですが、せきや痰はほとんどの呼吸器系の病気に見られる症状です。がん特有の症状ではありませんが、これらが2週間以上続いたり治療をしても治りが悪いようならがんの可能性を考えてみる必要があります。呼吸器科の専門医の診断を受けましょう。

初期症状がほとんどなく、進行してから症状が出る

肺野型肺がんは初期のうちはほとんど症状が現れません。肺野型肺がんは肺の奥の方(末梢部)にできるがんです。症状が出たころにはかなり進行していることが多いがんですので、健康診断などによる胸部X線写真で発見するしかありません。症状は周囲の組織への浸潤や転移によって現れます。がんが胸膜に浸潤すると胸に痛みが生じます。そうなるとがんは相当に進んだ段階です。

症状が出るまえに、がんは検診で見つけることが大切

このように症状によってがんを発見するすることは難しいので、定期的に検診を受けることががんの早期発見には必要です。自覚症状があっても風邪だろうと軽く考えているうちに、治癒できたはずのもがその機会を失ってしまうのは残念なことです。

がんは症状が出るまえに発見しなけれは治療が難しい病気です。がんの疑いがあるならためらわず受診しましょう。とくに40才を過ぎると男性は肺がんになる可能性が高くなるので一年に一回は検診を受けることが大切です。

スポンサードリンク