肺がんガイドトップ > 肺がんの症状肺がんの浸潤による症状

肺がんの浸潤による症状

浸潤により起こる疼痛

肺がんが周囲の骨や神経に浸潤すると胸痛が生じます。 けがや火傷とはちがって、がんは慢性的で強い痛みが持続します。疼痛とは、ずきずき痛むこと、うずきです。

浸潤による圧迫による症状

食道に浸潤すると、食道が圧迫されます。そして食べ物や飲みものが飲み込みにくくなります。

がんの浸潤により胸水や心嚢水がたまります。心嚢水とは心臓と心臓を包む膜の間にたまる水のことです。たまると肺や心臓を圧迫するので、息切れ、動悸、不整脈などが起こります。

上大動脈症候群といわれる症状があります。 上半身の静脈血を運んでいる太い静脈があり、上大静脈といいます。そこにがんが浸潤すると、上半身からの血流の戻りが悪くなります。その結果、顔や首、乳房などの上半身がむくみます。 また、皮膚の色が悪くなることもあります。息切れ、頭痛、めまい、眠気、などをともなうこともあり、これらの症状は横になるといっそう強くなります。

神経に浸潤するとさまざま症状が現れる

神経に浸潤したときに現れる症状は、その部位によってさまざまです。 声帯に関係した神経に浸潤すると声がかすれます。

首の神経に浸潤すると、まぶたが下がり瞳孔が小さくなったりします。目がくぼんだりすろこともあります。また顔の半分にだけ、汗が出にくくなることもあります。

肺の上のほうににがんが発生し、腕を動かす神経に浸潤すると、腕の痛みやしびれやマヒ、筋力が衰えます。

スポンサードリンク