肺がんガイドトップ > 肺がんの症状肺がんの転移しやすい部位

肺がんの転移しやすい部位

転移は全身どこにでも起こりえる

全身のどこにでもがんは発生する可能性があるように、転移もどこにでも起こりえます。 ただ、がんの種類によっては転移が起きやすい場所があります。 肺がんが転移しやすいのはリンパ節、肺葉、もう一方の肺、脳、骨、肝臓、副腎などです。 がんが発生した肺葉とは別の肺葉に広がったものも転移といいます。

リンパ節で転移しやすいのは肺の中にある肺内リンパ節です。次いで、肺門リンパ節、縦隔リンパ節、鎖骨の上にある鎖骨上窩リンパ節、さらにその上にある前斜角節リンパ節などへ転移していきます。胸膜は肺に接しているので浸潤しやすいところですが、浸潤したところからがん細胞がこぼれ落ちた状態で転移することもあります。胸膜播種(はしゅ)といいます。

そのほか、小細胞肺がんは骨髄にも転移しやすいことがわかっています。

浸潤は近くからまじまる

浸潤は近くの組織から始まります。肺がんが浸潤しやすいのは主気管支、臓側胸膜です。そこから胸壁、横隔膜、縦隔胸膜、壁側胸膜に広がり、さらに縦隔、心臓、大血管、気管分岐部、気管、食道などへ浸潤していきます。

転移してもすぐには症状がでない

転移しても、がんが小さいうちは症状も出ません。画像検査でとらえることができるのも一定の大きさになってからです。 急に腫瘍マーカーの値がふえてきたときは、症状も無く画像検査でも転移が発見されていなくても、転移が疑われます。 また、画像検査や腫瘍マーカーに転移の兆候がないからといって、転移がないとはいいきれません。 治療後定期的に検査が行われるのは、転移しやすい場所に実際に転移が起こっていないかどうかを調べるためです。

スポンサードリンク