肺がんガイドトップ > 肺がんのスクリーニング検査

肺がんの初期検査

スクリーニング検査は肺がんの初期検査です。これは症状が現れる前に行うもので、早期癌の発見に効果を発揮します。40歳以上を対象とし、各自治体が主体となり実施しています。検査は放射線を使ったX線検査、痰内の癌細胞を調べる喀痰細胞診が一般的です。また、検査で肺がんが疑われる方、追加検査を希望する方には、これにCT検査が加わります。肺がんは進行が早い病気です。早期発見・早期治療のためにもスクリーニング検査を積極的に利用しましょう。

スクリーニング検査について
症状が現れる前に癌を発見する検査をスクリーニング検査といいます。検査は単純胸部X線検査、喀痰細胞診が一般的に行われています。
単純胸部X線検査
放射線を用いた画像検査です。健康な肺は黒く移りますが、何かしらの疾患があるとその部分だけ白く移ります。
喀痰細胞診
採取した痰を調べ、癌細胞が含まれているかを確認する方法です。肺門型の肺がんに適した検査と言えるでしょう。
CT検査
放射線を多方向から照射し患部の断面画像を撮影します。心臓や横隔膜など死角に隠れた癌の発見も可能です。
ヘリカルCT検査
放射線を連続的、かつらせん状に照射することで、立体的な断面画像を撮影する検査です。2cm以下の早期癌も発見できます。