肺がんガイドトップ > スクリーニング検査スクリーニング検査について

スクリーニング検査について

がんを早期発見するためのスクリーニング検査

最初に行われるのがスクリーニング検査です。
スクリーニングとは、症状が現れてくる前にがんを発見しようとする試みのことです。実際にがんの早期発見に役立つ場合もあります。 スクリーニング検査はがんの症状が現れる前に実施されるものですので、医師からスクリーニング検査を勧められたとしても、必ずしもがんの存在を疑ってそうしているわけではありません。
異常組織やがんも、早期に発見されれば治療が容易になる場合が多いです。症状が現れる頃には、がんが増殖し拡がり始めていることもあります。

スクリーニングで行われる検査法

スクリーニングの検査法としては胸部X線検査、喀痰細胞診が広く用いられています。

単純胸部X線検査は、背中からX線を照射する直接撮影で肺全体を見ることができます。肺の奥のほうにできる肺野型(末梢型)肺がんを見つけるのに効果的です。
「老人保険法」にもとづき40才以上の人に対して肺がんの集団検診としてを行うことが自治体に義務づけられています。また結核の早期発見もかねています。

喀痰細胞診は採取した痰を顕微鏡で見て、がん細胞が含まれているか調べる検査です。
老人保健法により、50才以上のヘビースモーカーの人と血痰の出る人は公的補助が受けられます。単純胸部X線検査で異常がみられたときにも行われます。

CT検査のメリットとデメリット

新しい検査法として、CT検査があります。X線とコンピュータを組み合わせて行い、人体を輪切りにした断面の画像をえることができます。精度が高、2cm以下の大きさのがんを見つけることもできます。
しかしながら、放射線被曝というデメリットがあります。若い人が毎年CT検査を受ければ放射線被曝の量が多くなります。

スポンサードリンク