肺がんガイドトップ > 肺がんの確定診断

確定診断の内容

スクリーニング検査で肺がんの疑いが高まると、次はより専門的な検査で肺がんの確認診断を行っていきます。検査は細胞や胸水を調べる方法、あるいは内視鏡で肺の内部を確認する検査が一般的です。病状を知るには有効な方法ですが、肺に針を刺したり、内視鏡を入れるための部分切開が必要になるなど、体に若干の負担がかかる検査です。また、検査では肺を傷つける可能性もあるため、合併症を発症するリスクが伴います。

確定診断について
確定診断には細胞一つ一つを確認する細胞診、採取した組織を薄くスライスし顕微鏡で確認する組織診などが必要になるでしょう。
気管支鏡検査・蛍光気管支鏡検査
ファイバースコープで気管や肺の内部を確認する検査法です。癌を目視で確認できるため早期癌の発見にも効果を発揮します。
穿刺吸引細胞診・針生検
細い針で肺内部の細胞を採取し癌の有無を確認します。病状の確認には有効ですが、多少のリスクが伴う検査法です。
胸腔鏡検査
胸部専用の内視鏡を胸腔に入れ、病状を確認する検査です。全身麻酔や部分的な切開が必要になります。
胸腔穿刺・胸膜生検
胸水を抜き取り癌細胞の有無を確かめる、もしくは胸膜内の細胞を針で採取し病理検査を行う方法です。
喀痰細胞診
採取した痰から癌の有無を調べていきます。どちらかと言えば肺門型の肺がんに強みを持つ検査です。

確定診断の合併症

肺がんは治療だけでなく検査によって合併症を起すリスクがあります。例えば、胸腔穿刺や胸膜生検では肺に針を刺しますが、この際、肺胞に傷を付けてしまうケースもあります。すると空気が漏れ、呼吸困難や胸痛などの症状を起すのです。また、手術で血管に傷を付けてしまうと、その傷から空気が入り込み空気塞栓を起す事もあります。急激な血液循環障害が生じる可能性があり、ショック症状、低酸素血症などの症状が伴う危険があります。

気胸
肺胞の一部が破裂し胸痛や咳、呼吸困難などを起す症状です。癌の進行や検査で使用する針によって引き起こされます。
空気塞栓
血管の穴から空気が入り込むことで危険な症状を起す合併症です。手術による静脈の傷が主な原因です。