肺がんガイドトップ > 確定診断穿刺吸引細胞診・針生検 -肺がんの検査-

穿刺吸引細胞診・針生検 -肺がんの検査-

患部に針を刺し細胞を採取と病理検査を行うものです。組織型の診断に効果を発揮しますが、末梢型の場合には病巣に届かないケースもあります。正確性の高い検査ですが、針を刺すことで肺から空気が漏れる気胸を起すリスクが伴います。

針で直接細胞を採取する検査法

穿刺吸引細胞診は細い針を刺し、細胞を直接採取し癌の有無を確かめる検査法です。

通常、この手の検診はエックス線透視下で気管支鏡検査やファイバースコープなどで細胞を採取するのが一般的です。しかし、肺の奥部分に発症する末梢型肺がんの場合、病巣へ届かず細胞を採取できないケースが多いのです。そこで役立つのがこの穿刺吸引細胞診なのです。

疑わしい細胞を直接調べる検査のため、癌の種類や病気の進行度、転移の可能性などが明確になります。この正確性から現在では、適確な診断と最適な治療の選択に欠かせない検査になっているのです。

穿刺吸引細胞診の方法

実際の検査では患部に局所麻酔をかけ、胸部単純エックス線で癌の場所、針を刺す場所を確かめながら行われます。針といいましたが、実際には専用の注射器で細胞を採取します。

大抵の癌はこの方法で対処できますが、腫瘍が2cm以下の場合、エックス線では捉えるのが難しくなります。そこで最近ではCTをガイドとして用いた方法が登場しています。CTなら腫瘍が1cn前後でも確認でき、更に立体的に捉えられるため針を刺す場所、刺す深さを適確に捉えることが可能です。

検査に伴うリスクと注意点

穿刺吸引細胞診は病状を確かめるのに非常に有効な検査法ですが、注意点もあります。

まず、胸膜に穴を開ける必要があるため肺から空気が漏れ、気胸を起す危険があります。確率はそれほど高くありまませんが、慎重性が求めらるでしょう。

また、針が組織に当たらず正確な診断が出来ない、癌細胞を刺した際に癌が散らばる可能性もあります。更に、確立は低いですが、麻酔薬のアレルギーによるショック症状、針がの誤刺による出血などもこの検査に伴うリスクと言えます。

多少のリスクはあるものの現在の検査法の中で最も確実に病状を確認できる方法であることには変わりありません。穿刺吸引細胞診は肺がん癌治療には欠かせない検査方法といえるでしょう。

スポンサードリンク