肺がんガイドトップ > 確定診断胸腔鏡検査 -肺がんの検査-

胸腔鏡検査 -肺がんの検査-

肺の中に専用の内視鏡を入れ癌を確認する検査です。目で確認するため組織型や進行の度合いを性格に判断する事が出来ます。この内視鏡は確認だけでなく細胞を採取することも可能で、更に癌が見つかればその場で切除することできます。

内視鏡を使った検査方法

肺がんか否かの診断は胸部エックス線検査や胸部CT検査、さらに穿刺検査によってある程度確認出ができます。しかし、確定診断に至らないなどの理由から胸腔鏡検査が行われることがあります。

この検査は胸空に胸部専用の内視鏡を挿入し、内部の状態を確認する検査法です。胸腔鏡は内部の確認だけでなく、肺、リンパ節、肺膜などの細胞を採取することも可能です。また、癌が発見されればそのまま手術に移行する事もできる優れ物なのです。

内視鏡を入れる穴が必要

胸腔鏡検査では癌の確認、疑わしい細胞の採取、癌の切除の3つが行える優れた検査法です。例えるなら腸検診で用いられる内視鏡の腹腔版だと思ってください。

だだし、実際の検査は腸の検診ほど簡単ではありません。検査は胸壁に穴を開ける必要があります。よって部分麻酔ではなく全身麻酔で行います。調べる肺が一つであれば、片方の胸壁に10mm程度の穴を三ヶ所開けます。

穴は一つが内視鏡用、他の二つは医療用器具のために使います。まず、画像で癌を確認し、疑わしい細胞はその場で採取、病理診断が行われます。結果、癌と判明すると、このまま胸腔鏡による手術、もしくは開腹手術が開始されることもあります。なお、癌ではなかった場合には器具を抜き取り穴を縫合して終了です。

胸腔鏡検査の問題点

肺がんに非常に有効な検査法なのですが、いつくかの問題点があります。まず、検査は胸壁に穴を開けるため全身麻酔が必要になり、これは体への負担を大幅に増します。また、その場で手術を行うために、通常の手術と同等の事前準備が必要になるのです。

気管支鏡検査や針生検は体への負担が比較的軽めな検査です。しかし、細胞が採取できない、採取した細胞が癌ではない、もしくは針が目的の細胞に刺さっていない可能性がある、画像の陰影で癌と区別できないなどの弱点があります。

胸腔鏡検査はこの弱点をカバーする最後の検査なのです。

スポンサードリンク