肺がんガイドトップ > その他お金が必要なときは

お金が必要なときは

手術代や医療費などでまとまったお金が必要なときは、保険に入っていればある程度カバーできるかもしれませんが、保険に入っていないときや、保険が下りないときはかなりの金額を負担しなければなりません。
そのようなときにどこからお金を工面するかが問題となります。

カードローン

少額でしたらカードローンなどがいいかもしれません。
カードローンのメリットは担保がなくても借りられる無担保融資ですが、申し込みが簡単なことと利用用途が決められていないなどの利点があります。
それだけではなく、主婦やパートでも利用することもできますし、即日で融資が受けられるため、かなり自由度の広い融資方法だと思います。

ただメリットだけではなく、デメリットもありますからしっかりと理解しておかなければなりません。
デメリットでは無担保である分、金利が高くなりますので、返済するときに負担が大きくなってしまいます。また自由度が高く気軽に借りられる分、ついつい借りてしまうというデメリットもあります。
こうしたデメリットはあらかじめ自分の許容限度を知っておけば対処できるかもしれませんが、気を付けないといけない項目です。

まとまって高額な金額を借りる場合は?

医療費などで数百万クラスの融資を受ける場合は、無担保のカードローンでは厳しいと思います。
このようなときは担保ローンを上手に活用することで、お金を工面することが出来ます。
担保ローンの代表的なのが【不動産担保ローン】です。このローンは名前の通り不動産を担保にして、その評価額から借入限度額が決められて、融資を受けるというものです。
不動産の評価額は高額になりますから、まとまったお金を借り入れしやすいというメリットがあります。また担保がある分、無担保のカードローンよりも金利が低いというのもメリットの一つ。
もし資産価値のある不動産等があれば、活用の候補として考えてもいいかもしれません。

借り入れ先は慎重に

お金を借りるということは必ず返済しなければいけませんので、しっかりとした返済計画を立ててもらえるような会社で融資を受けることが一番です。
そのようなしっかりした会社かどうかは、一つ一つホームページなどで確認したうえで慎重に選ぶようにしましょう。
不動産担保ローン会社の中で評判のいい会社の一つに「アイシンバンク」があります。この会社は不動産担保ローンの他にもおまとめローンや住宅ローンなどの金融商品を取り扱っており、金利も良心的です。
渋谷にある会社で経営もしっかりしていますのでかなりお勧めできます。詳しくはこちらをご覧ください
>>アイシンバンクHPはこちら

スポンサードリンク

関連記事一覧 >>