肺がんガイドトップ > 肺がんの種類肺門型肺がんの特徴

肺門型肺がんの特徴

肺がんには数種類の分類法がありますが、その一つが発症部位による分類です。肺野型と肺門型に分けられ、肺門型の肺がんは肺の入り口付近に発症した癌を意味します。中心型とよばれることあります。喫煙が原因となる肺がんのため喫煙者は注意しましょう。

肺の入り口付近に発症する癌

肺癌は他の癌と同様に組織型や発生部位から分類分けをしています。これは検査項目、治療方針の決定にも役立ち、治療を効果的に行うために不可欠なことなのです。

その一種である肺門型は発生部位によって分類された肺癌です。中枢型肺がんと呼ばれるケースもあります。言葉の通り、肺門周辺に発生したに癌です。

肺門が肺の入り口付近にあるため、気管支、肺動脈、肺静脈が出入りし、また他の気管との橋渡しをする非常に重要な部分でもあります。そのため気管、食道、血液、リンパなど周辺組織に転移が起こりやすい癌とも言えます。肺門型の癌は早期発見や治療が困難になるやっかいな特徴を持っている癌なのです。

肺門型の原因と初期症状

肺がんの主な原因は長年に渡る喫煙だと言われています。本人が非喫煙者であっても周囲が喫煙していれば受動喫煙になりため、同様のリスクを追うことになります。これ以外にも、大気汚染、アスベスト(石綿)なども発症要因になるでしょう。

肺門型もタバコが主な原因で発症します。代表的な初期症状は長引く咳、痰、血痰、息苦しさ、喘息に似た呼吸などです。人によっては声枯れが起こるケースもあります。その他、食欲不振、倦怠感、疲労感、痩せてくるといった癌特有の症状も現わ始めます。

検診ではエックス線検査、CT検査、MRI検査、腫瘍マーカーなどが用いられいます。場合によっては痰の検査を行うこともあるでしょう。

禁煙が発症リスクを軽減する

肺門型だけでなく、一般に肺がんは喫煙が主な発症原因になっていますが、研究結果からは喫煙=肺癌とは言いきれないようです。また、喫煙しなければ肺癌を発症しない訳でもないのです。

しかし、喫煙しなければ肺癌の発症リスクが下がるのは研究により明らかとなっているのです。肺癌を発症したくない方は、禁煙を心がけた方がいいでしょう。

禁煙にあたり長く喫煙したから意味がないと思われる方も多いかもしれませんが、実際には長期喫煙者も禁煙によって発症リスクを下げることが可能です。健康で健やかな毎日を送るためにもなるべく早期に禁煙することをお勧めします。

スポンサードリンク