肺がんガイドトップ > 肺がんの種類扁平上皮癌 -肺がんの種類-

扁平上皮癌 -肺がんの種類-

名称の通り扁平上皮に似た形状をしている肺がんです。肺がん全体の3割を占めていますが、比較的予後が良く早期であれば手術による根治も可能になります。喫煙との因果関係が強いため、男性に多くみられる特徴があります

扁平上皮に似た形状をしている癌

非小細胞肺がんは癌細胞の形状・状態から、腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんに分類して考えるのが一般的です。その中で発生頻度が比較的高いのがこの扁平上皮癌です。

割合は肺癌患者全体の25~30%を占めているとされています。なお、名称の由来は皮膚や粘膜を覆っている扁平上皮という組織にに似ていることから付けられました。主に肺の入り口付近に発生するため、肺門型の肺がんと呼ばれることもあります。

他の癌と比べ、予後が良く、特に局所的に広がる早期であれば外科治療を行うことが出来ます。この場合、完全に切除することも可能になると言われています。

タバコとの因果関係が強い肺がん

元々、肺がんは喫煙との因果関係が強い病気ですが、特に扁平上皮癌は喫煙との関係性が強い肺がんと言えるでしょう。

実際、扁平上皮癌の発症者データを見ると、女性が15%程度に対し、男性は40%を越えています。この数字は発生頻度が最も高い腺癌に近いものなのです。喫煙本数と喫煙年数が多い方は特に注意が必要になるでしょう。

主な症状は咳、喘鳴、痰、血痰などです。他の肺がんと比べ自覚症状が出やすいため、早期に発見されるケースも少なくありません。上記症状が長期間続く場合には必ず検査を受け、原因を突き止めた方がいいでしょう。

扁平上皮癌の検査・治療

検査は腺癌などと同様に胸部エックス線、胸部CT検査が主流になっています。ただし、肺の入り口付近に発生する肺門型は、心臓など他の器官や血管に邪魔されるため撮影がが難しいことがあります。なるべく複数の検査を受けるようにしましょう。

治療は抗がん剤と放射線治療を併用するのが一般的です。また、禁煙は元より、食事、運動などの生活改善も必要になるでしょう。

予防には喫煙が何より効果的です。例え長期間、喫煙をしていても10年禁煙すれば、発症リスクが3分の1まで下ることが可能なのです。百害あって一利なしなのがタバコです。健康でいたいと思う方は特に禁煙に勤めるようにしましょう。

スポンサードリンク