肺がんガイドトップ > 肺がんと間違えやすい病気肺炎(特徴/症状/治療) -肺がんと間違えやすい病気

肺炎(特徴/症状/治療) -肺がんと間違えやすい病気

肺に炎症が生じる疾患です。マイコプラズマ肺炎、誤嚥性肺炎、間質性肺炎などの種類があり、それぞれ原因が異なります。風邪に似た症状が起こりますが、自然治癒することも短時間で完治することはありません。発症した場合は必ず治療を受けるようにしましょう。

肺炎の特徴

肺がんと間違われやすい病気の筆頭といえば肺炎です。

肺がんも恐ろしい病気ですが、実は肺炎も死亡例が多い怖い病気なのです。特に高齢者ほど肺炎による死亡例が増加する傾向にあります。

肺炎を起こす原因は多種多様で、細菌感染、誤嚥、アレルギー、他の疾患の合併症など様々なことが考えられます。発症後は咳・痰、発熱、悪寒、頭痛、胸通など風邪と似た症状が現れますが、短期間で症状が治まることはありません。

症状を進行させてしまうと人工呼吸器が必要になるケースもあります。必ず医療機関での治療を受けるようにしましょう。

ウイルス感染が主な原因

肺炎は発症原因により、いくつかの種類に分ける事ができます。一般な肺炎、マイコプラズマ肺炎、誤嚥性肺炎、間質性肺炎などです。

一般的な肺炎は細菌やウイルスの感染によって発症します。辛い症状が伴いますが、原因菌が解明すれば抗生物質が投与できるため症状の改善がはかれます。マイコプラズマ肺炎は若い方に見られる病気です。マイコプラズマという微生物が発症原因になります。

高齢者に多いのが誤嚥性肺炎です。食物、唾液などが気管に入り、この部分に細菌が増殖することで引き起こされます。間質性肺炎は肺胞の壁を作る間質に炎症が起こる病気です。肺機能の低下や肺胞の変形が起こります。肺がんの原因にもなる怖い病気です

主な障害と治療法

どの肺炎を起すかで症状に違いがありますが、基本的には、咳・痰、呼吸困難、発熱、悪寒、倦怠感、食欲不振などが伴います。重篤化した場合には、意識障害、脱水症状、せん妄など危険な症状が現れることもあります。

治療は抗生物質の投与が一般的ですが、それには原因菌の解明が必須なのです。また、諸症状については去痰薬、気管支拡張剤、ステロイド薬、免疫抑制剤などで対処します。

先述の通り肺炎は命の危険が伴う怖い病気なのです。ですが原因物質さえ見つかれば短期間で完治することも可能です。適切な検査と治療が肺炎の重篤化を防ぐことにつながります。症状を理解するのはもちろん、自宅付近の病院を調べることも大切になるでしょう。

スポンサードリンク