肺がんガイドトップ > 肺がんの病期診断

主な検査項目

肺がんの最終的な診断にはスクリーニング検査、精密検査、病気診断が必須になります。検査項目はそれぞれですが、通常は画像、血液、内視鏡が用いられています。ただし、大掛かりな検査が多く、検査時間や費用、体への負担は増える傾向にあります。特に内視鏡を使った検査は全身麻酔と部分切開が必要になるため、合併症と後遺症に注意が必要になるでしょう。なお、病期診断にはTMN分類を用いるのが一般的です。

CT検査・MRI検査
画像検査の一種です。輪切り上や立体的な画像が撮影でき、比較的小さな癌も見つける事が出来ます。
PET
特殊なアイソトープに集まる癌細胞を画像化する方法です。1回の撮影で脳以外の全身を検査することが可能です。
超音波検査
音波の反射を画像化することで病巣を確認する方法です。体への負担が最も少ない検査と言われています。
骨シンチグラフィー
放射性物質の取り込み状況から癌の進行度を測っていきます。主に骨転移の状況確認に用いる検査です。
縦隔鏡検査
切開した部分から内視鏡を挿入し縦隔膜のリンパ節転移を調べていきます。日本では限られた施設でしか受けることが出来ません。
気管支鏡検査
内視鏡を挿入して気管支や肺の内部を確認します。内視鏡が放つ発光色の違いから癌を判断する事も可能です。

肺がんの腫瘍マーカー

癌は増殖や成長をする際に特殊な物質を放つ性質があります。これを血液中から探し出し、癌が発生してるか確かめるのが腫瘍マーカーです。組織型、転移癌、進行癌など様々な種類の癌に対応するため、現在、数十種類の腫瘍マーカーが存在しています。初期検査だけでなく、治療の効果測定、転移・再発の有無を確認するためにも用いる事が可能です。喫煙歴や別の疾患に影響される問題点もありまが、負担が少ない上に高い精度を持っているため、肺がん治療に欠かせない検査と言えるでしょう。

腫瘍マーカーとは
癌が持つ特殊な物質を血液中から検出し、癌の発症を調べる検査法です。容易に行えますが精度に若干の問題があります。
CEA
癌の増殖時に作り出される物質です。主に胃癌の検査に用いられますが、肺がんでも約50%の確率で陽性反応が得られます。
CYFRA21-1
喫煙歴にも影響されないため精度の高い検査が行えます。扁平上皮癌の陽性反応に強みを持つ腫瘍マーカーです。
SCC
子宮頸部扁平上皮癌の病巣から精製した物質です。扁平上皮がんに対し高い検出率を持っています。
ProGRP
消化管ホルモンの一種を改良し作られたマーカーです。性質上、小細胞癌に適した腫瘍マーカーといえるでしょう。
NSE
神経細胞に高い特異性を持っているため、小細胞癌に高い陽性率を示します。神経内分泌腫瘍全般に使用されるマーカーです。
SLX
偽陽性率が低く、癌が進行するほど検出率が上がる特徴があります。中でも腺癌に対し高い陽性率を持っています。
I-CTP
1型コラーゲンの分解産物で、骨転移した癌の検出に適しています。肺がんだけでなく様々な癌に用いる事が可能です。

肺がんの病期分類

癌治療には検査結果を元に病状を段階的に現す病期診断が用いられています。病期が使われる理由は、進行度によって効果的な治療が異なるためです。TNM分類はこの病気診断の代表的な存在です。それぞれ意味があり、T分類は癌のサイズ・浸潤程度、N分類はリンパ節転移の有無、M分類が遠隔転移の有無を示しています。各項目には細かな段階設定があり、その総評から最終的な病期診断を下していきます。

TNM分類とは
癌の大きさ、浸潤、転移状況から病期を診断する方法です。現在の癌治療には欠かせない分類と言えるでしょう。
肺がんのT分類(Tx~T4)
癌のサイズと浸潤の程度によって分類する方法です。分類は早期のTx・T0・T1、進行のT2・T3、末期のT4まで用意されています。
肺がんのN分類(N0~N3)
N分類はリンパ節への転移がどの程度進んでいるかで分類する方法です。転移がないN0からN3までの段階分けがあります。
肺がんのM分類(M0、M1)
他の臓器や器官への遠隔転移から判断する方法をM分類といいます。段階は2つで、転移が無いM0、転移が認められたM1です。
小細胞肺がんの病期分類(早期限局型・限局型(LD)・進展型(ED))
悪性度の高い小細胞癌は進行が早いため、早期限局型、限局型、進展型の3つから病気診断を行います。