肺がんガイドトップ > 病期診断超音波検査 -肺がんの検査-

超音波検査 -肺がんの検査-

人には聞き取れない音波を発しその反射した波を画像化する検査法です。治療や検査の補助に使われたり、他の病気や妊婦の検査にも用いられるなど多様性に富んだ検査です。数ある検査の中でも体への負担が最も少ない検査と言われています。

負担が少ない検査法

現代医療機器に於いて最も手軽で、なおかつ体への負担が少ないのが超音波検査です。

非常に優しい検査のため苦痛も少なく検査時間も短くて済みます。また、超音波を利用した検査のため、エックス線のような被爆の心配もいりません。

検査の仕組は人間には聞こえない高周波数の音波を発し、その反射波を画像化しています。利便性の高さから検査器機だけでなく、レーザー治療にも用いられるようになっています。更に胸腔穿刺などの生検では、針を刺す位置を知るための補助的な道具としても用いられているのです。

癌の深達度を計る検査

超音波検査の主な目的は癌の深達度を確認することです。例えば、肺門型の代表、扁平上皮癌は早期なら気管支鏡による「光線力的治療」が適用されます。

しかし、癌が気管支の粘膜を超え、軟骨にまで到達していれば治療を行っても確実に再発が起こってしまいます。そこで、超音波検査で癌の深達度を計測し光線力的治療が適用になるのか判断するのです。また、気管支鏡の先端に超音波機器を設置した機材を使えば癌細胞を直接採取する生検に用いることも可能になっています。

癌細胞の正確な採取が難しいとされる胸腔穿刺の精度を、超音波検査が高めているのです。

機器の開発は日進月歩

実は肺がんの検査に超音波検査が用いられるようになったのは比較的最近の事なのです。これは肺の検査に合う超音波機器の開発が難しかった事が主な原因でしょう。しかし現在では、機器の開発が進んだことで超音波気管支鏡検査だけでなく超音波気管支鏡ガイド下生検も可能となりました。

更に、超音波気管支鏡の太さにも改良が加わり現在は7mm以下に収めることに成功しています。開発者の努力が検査に伴う苦痛を減らし続けているのです。

超音波検査は癌の深達度を客観的に捉えられる検査法です。正確な診断には欠かせない検査といえるでしょう。

スポンサードリンク