肺がんガイドトップ > 病期診断TNM分類とは

TNM分類とは

癌の代表的な分類法です。腫瘍のサイズと浸潤、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無から病期を診断します。各項目にも段階分けがあり、その総評で最終判断をします。TNM分類は現在の癌治療には欠かせない分類法です。

病期を判断するための分類法

肺がんの治療方針を決めるうえで重要になるのが組織型と病期です。

組織型は癌の形状や性質から分類する方法で、病期は癌の進行度を意味します。病期は癌の広がりの程度、リンパ節転移の有無、血管から他の臓器へ転移する遠隔転移の有無から判断するのが一般的です。

この3要素、Tumor(腫瘍)、Lymph Node(リンパ節)、Metastasis(転移)の頭文字から作られたのがTNM分類です。TNM分類は項目事に進行度を表す数値が付けられ、各要素を総合的に表し病期を決定していきます。

癌のサイズと浸潤状況を表すT分類は

TNM分類の1番目、Tとは腫瘍の大きさと浸潤状況を表すものです。

ここでいう腫瘍は最初に発生した癌、つまり原発腫瘍を意味します。分類はTxからT4までの9段階があり、T4が最も重い進行癌となります。

例えば、腫瘍の大きさが2cm以下で浸潤が見られなければT1a、腫瘍が3cm以下ならT1b、腫瘍が7cm以上で更に浸潤が認められればT3、腫瘍の大きさに関係なく広範囲に浸潤があればT4となります。またT1より早期の癌は更に細かく3段階に分類していきます。

転移状況を示すN・M分類

2番目のNはリンパ節への転移状況を表すものです。元々、肺やその周辺には多くのリンパ節があるため転移も起こりやすくなります。この転移状況をN0からN3までの数値で表していきます。

例としては、転移がなければN0、リンパ節への転移があればN1、N2。転移が発生部位と逆側にも起これば最悪のN3です。なお、全てのリンパ節が対象という訳ではありません。リンパ節の部位によっては遠隔転移と見なされることもあります。この点に注意しましょう。

最後のM分類は遠隔転移の有無を表しています。TやNほど細かな段階分けがなく、M分類ではでは遠隔転移がないM0。他臓器への転移がある、もしくは2ヶ所以上の肺葉に癌が認められるM1の2段階で評価します

スポンサードリンク