肺がんガイドトップ > 病期診断肺がんのT分類(Tx~T4)について

肺がんのT分類(Tx~T4)について

腫瘍に関する分類です。腫瘍のサイズ、浸潤の状況を段階に分けていきます。早期のT1から末期のT4まで存在し、それぞれにサイズの規定、癌の状況が細かく定められています。癌の分類は治療の選択にも大きな影響を及ぼす重要なものなのです。

腫瘍サイズと浸潤から分類する方法

肺がんに於いて組織型とTNM分類は治療方針の決定に欠かせない分類法です。特にTNM分類は病状の把握に不可欠なものといえるでしょう。

TNM分類は癌の大きさと浸潤度合い、リンパ節への転移、遠隔転移の有無から病状を診断する分類法です。それぞれに独自の分類方法が細かく設けてあり、その総合評価から病状と治療方針が決定してきます。

その1番目のT分類はTumor、つまり腫瘍に関する分類法です。腫瘍の大きさと、浸潤の度合いから分類を行っていきます。

完治の可能性があるT1・T2

T分類は9段階が設定されていますが、大まかに分ければ超早期、早期、進行期、末期です。

超早期には癌は検出されるものの原発巣が不明確なTx、原発巣を認めないT0、上皮内がんを表すTisの3段階があります。この段階は浸潤もなく、サイズも小さいため完治の可能性も高くなります。

次の早期は浸潤がないことが前提です。T1aなら2cm以下の癌、T1bは3cm以下の癌です。進行期を表すT2は浸潤が認められる、もしくは癌が危険な大きさになっている段階です。T2aは癌が3~5cm、もしくは3cm以下だが気管支に浸潤がある場合。T2bなら癌が5cm以上、7cm以下の状態を意味しています。

T3・T4は危険領域

最後が末期を示すT3とT4です。この段階になるとサイズも大きく、浸潤も広範囲に広がります。

T3になると癌も7cmを超え、浸潤は胸壁、横隔膜、縦隔膜、心臓などに及んでいることを表しています。また、無気肺や閉塞性肺炎が片肺全体に起こっている、または同一肺葉内にしこりが認められるケースもあります。

T4はこれまでの分類項目の全てを含むものです。具体的には、腫瘍の大きさはT3以上、浸潤は縦隔、心臓、血管、気管、食道、椎体、などにも及んでいる状態です。また、肺葉内のしこりも認められる状態です。

スポンサードリンク