肺がんガイドトップ > 病期診断肺がんのN分類(N0~N3)について

肺がんのN分類(N0~N3)について

TNM分類の一つ、N分類はリンパ節転移の有無から分類する方法です。名称はリンパ節を意味するNodeの頭文字が付けられています。転移が無いN0、初期の転移のN1、転移が広がっているN2、広範囲の転移が認められるN3に分類されます。

病期を総合的に判断する分類法

肺がんには治療を円滑に行うための分類法がいくつも存在しています。

例えば、癌の形状や状態を確認する組織型なら小細胞癌、非小細胞癌と分類し、癌が発症する場所からは肺門型、肺野型と分類しています。この2分類からも進行癌か早期癌かの判断や治療法の選択範囲をがある程度絞ることが出来ますが、これに病状を加えるとより正確な診断が行えるようになるのです。そこで必要となるのがTNM分類なのです。

このTNM分類では癌の大きさと浸潤の状況をT、リンパ節転移の有無をN、遠隔転移の有無をMとして表し、それぞれに段階分けを行っていきます。そしてそれぞれの段階分けを組み合わせ、総合的に病状を判断するのです。

N分類はリンパ節転移を表している

TMN分類の一種、N分類リンパ節への転移状況から段階分けする分類法です。

原則、転移が原発腫瘍と同じ側なら軽く、反対側にまで及んでいると重い評価がくだされます。なお、名称の由来はリンパ節を表すNodeの頭文字を取ったものです。

N分類では転移状況により4つの段階に分けいきます。

まず最初がN0です。これはリンパ節への転移が認められないケースです。次のN1は癌が発生した部位と同じ側の肺門リンパ節、肺内リンパ節、気管支周辺のリンパ節への転移が認められた状況です。また癌が直接浸潤している事も意味します。

リンパ節転移が認められるN2・N3

N2もリンパ節転移がある状態を意味しています。ただし、N2になると癌が発生した側の縦隔リンパ節や気管分岐部周辺のリンパ節にも転移がある状態です。

最後のN3は癌が発生した部位とは反対側のリンパ節への転移が認められた状態です。この場合、縦隔リンパ節、肺門リンパ節、鎖骨上窩リンパ節、更に同側、もしくは反対側の前斜角節リンパ節などへの転移が認められた状態になります。

なお、首の付け根部分にある前斜角節リンパ節より上部のリンパ節へ転移があった場合には、遠隔転移と見なされるためN分類には含まれません。

スポンサードリンク