肺がんガイドトップ > 手術療法肺葉切除術 -肺がんの手術

肺葉切除術 -肺がんの手術

早期の肺がんに適用される方法で、左右の肺葉から癌が侵食した部分を切除します。また、転移リスクがあるリンパ節も同時に切除します。術後の合併症には注意が必要ですが、根治療と転移リスクの軽減を同時に行える術式なのです。

癌に侵食された肺葉のみを切除する

現代の癌治療は外科治療、化学療法、放射線治療の併用で進めるのが一般的です。特に外科治療は癌を直接切除するため、高い効果が期待できます。

しかし、この全ての治療法が自由に選択できる訳ではありません。肺がんを例に取ると外科治療は癌の根治が見込める早期癌に適用される方法なのです。肺がんの手術は肺葉切除術にリンパ節郭清を加えたものが標準的な方法です。

この術式は左右で5つある肺葉の内、癌に侵された部分のみを切除し、更に転移の可能性があるリンパ節を同時に切除します。原発腫瘍の根治と同時に転移リスクもなくしていくのです。

肺葉切除の治療内容

肺葉切除術は右肺の上葉、中葉、下葉と、左肺の上葉、下葉の中から癌の発生部位だけを気管支から切除する方法です。

実際の手術では、全身麻酔の後に背中から脇にかけて約20cmを切開します。この際、助骨が邪魔になる場合は開胸器でスペースを広げていきます。触診で癌の位置と切除範囲を確認し、問題がなければ肺葉の切除と気管支からの切り離しを行います。

次に転移リスクを抱えるリンパ節を切除します。切除範囲は癌の発生部位によって異なります。最後に空気漏れと出血の有無を確認し、切開部分の縫合を行えば終了となります。ここまでの作業をおおよそ3時間で終わりにします。

術後は合併症に注意する

外科治療の後は合併症に注意する必要がありますが、肺葉切除術の場合、その確立は極めて低いとされています。ですが一般的には肺婁、不整脈、肺炎、気管支断端痩などが合併症として現れる可能性があります。

一昔前まで肺がんの標準手術では肺全摘出、つまり片肺を全て切除する方法が一般的でした。ですが、肺全摘出と肺葉単位の切除に変わりがない事が実証されたのです。これにより術後の生活の質を飛躍的に向上させることに成功したのです。

肺がん治療は未だ発展途上の段階です。全摘出が部分摘出になったように、外科治療も早期癌だけでなく末期にも対応する日が訪れるかもしれません。

スポンサードリンク