肺がんガイドトップ > 手術療法膿胸(特徴/症状/治療)

膿胸(特徴/症状/治療)

肺がんの影響で胸水が増え、そこに細菌感染が起こると発症する病気です。発熱、咳、胸痛、呼吸困難、悪寒などの症状が現れます。胸水量が更に増加すると臓器を圧迫し、血圧低下や、感染による敗血症を合併する可能性もあります。

膿胸の特徴

人間の胸部は背骨、胸骨、筋肉から形成される胸壁内に心臓や肺などの臓器が納まっています。そして胸壁と肺との間には胸膜といわれる薄い膜がそれぞれに張っています。この膜同士の間には胸腔と言われる小さなスペースがあり、そこには水が溜まっているのです。

この水を胸水といい、内臓などがが擦れあうのを防ぐ潤滑油のような働きをしています。胸水は本来少量しか存在しないのですが、肺の疾患等が起こると増加をはじめ胸膜炎という病期を発症します。更に、増加した胸水が細菌感染する事で膿胸という疾患が生じるのです。

つまり肺の中に膿が溜まった状態を膿胸といいます。膿胸は進行すると胸水による臓器の圧迫やショック症状を起すこともある危険な症状なのです。

膿胸の発症原因と症状

治療の後に膿胸を生じる原因は治療中の細菌感染が多いようです。これが炎症を誘発し、膿胸に進展します。感染はブドウ球菌、肺炎球菌、結核菌、連鎖球菌などの細菌によって引き起こされます。また、縫合が不完全な事から穴があいてしまった状態となる気管支瘻が原因になる事もあります。

膿胸の主な症状は発熱、咳、胸痛、呼吸困難などです。その他にも体重の減少、膿性痰、風邪に似た悪寒を感じる事もあります。なお、胸痛は深呼吸や咳をしたときに強まる特徴があります。

更に胸水量が増えると肺や心臓を圧迫し、血圧低下を起こしたり、感染が重症化したことによる敗血症を合併する場合もあります。

検査内容・治療法

症状の原因、感染した細菌の確認には検査が必要です。一般的にはエックス線検査、CT検査で胸水の場所を確認し、胸腔穿刺、細菌検査で細菌の種類を確かめます。

膿胸を起す原因は胸水の増加と細菌感染です。よって治療は細菌の死滅と胸水の除去を行います。まず、細菌には原因菌に応じた抗生剤を投与し、更に菌の増殖を防ぐ抗生物質を併用します。

胸水は胸腔ドレナージが効果的です。これは脇下よりチューブを挿入し胸水を取り除く方法です。大半はこの方法で症状の改善が見られますが、治療効果が低い場合には外科治療が選択されるケースもあります。

スポンサードリンク