肺がんガイドトップ > 肺がんの放射線療法

知っておきたいこと

放射線治療は肺がん治療の新たな選択肢として期待されている治療です。仕組みは放射線をピンポイントで癌細胞に照射し、遺伝子レベルで破壊していきます。高い治療効果と実績を持っており、手術と同様の効果が得られると称される事もあります。その実績が認められ、2004年より保険が適用されています。照射位置のずれによる副作用、適用条件、喫煙歴の影響など問題点もありますが、高い治療効果から普及率が急上昇している治療法なのです。

放射線療法とは?
癌細胞に放射線を照射し、遺伝子レベルで癌を破壊する治療法です。2004年より保険の適用が認められました。
放射線療法のメリット・デメリット
治療時間が短く負担が少ない治療法ですが、正常な細胞も傷つけてしまうため合併症のリスクが伴います。
期間や費用
放射線治療は1回の治療時間が約1時間、期間が最短で1週間、費用は30万円前後が相場です。
放射線治療の副作用
主な副作用は皮膚炎、血球の減少、食道炎、肺臓炎、貧血、下痢、食欲不振などです。症状が現れる時期で急性障害、晩期障害に分類します。