肺がんガイドトップ > 化学療法代謝拮抗剤の特徴や副作用など

代謝拮抗剤の特徴や副作用など

代謝拮抗剤は癌の細胞分裂に必要な葉酸の合成を阻害する薬剤です。これによりDNAの合成を抑制し、癌の分裂を阻止します。更に、葉酸が足らず不完全なDNA合成が行われるため、癌細胞は死滅に追い込まていきます。他の薬剤との組み合わせで効果が強くなります。

代謝拮抗剤の特徴

肺がん治療に使われる抗がん剤には様々な種類がありますが、代謝拮抗剤もその一種です。

癌細胞は分裂や増殖をするためにDNA合成をしますが、この際、栄養として核酸や葉酸が必須になります。この仕組みを利用したのが代謝拮抗剤です。

この薬は核酸の類似物質なのですが、葉酸の合成を阻害する作用を持っています。つまり、栄養だと勘違いさせることで取り込んでもらい、DNA合成を止めてしまう薬剤なんのです。更に不完全なDNA合成をさせる事で死滅に追い込む効果も持っています。

肺がん治療に於いても高い効果が期待できますが、特徴から分かる通り細胞分裂をしている癌のみ効果を発揮します。

薬剤の種類と投与方法

癌の種類が様々であるように代謝拮抗剤にも沢山の種類があります。

その中で主に肺がん治療に用いられいるのは、ペメトレキセド、ゲムシタビン、テガフール・ギメラシム・オテラシムカリウム配合薬(TS-1)の3種類です。

使用の際は点滴、もしくは経口投与が一般的です。代謝拮抗剤の難点は癌が細胞分裂をしている時のみ効果を発揮する事です。そのため、長時間体内に留める必要があり、点滴なら時間を長くし、経口なら毎日の投与が必要になります。

また、プラチナ製剤などの抗がん剤と組み合わせる事で効果が強くなる性質を持っています。

代謝拮抗剤の主な副作用

他の抗がん剤と同じく代謝拮抗剤にも副作用が現れます。ただし、抗がん剤の中では副作用が軽い部類と言えるでしょう。

代表的な症状は、口内炎、脱毛、吐き気・嘔吐、下痢などです。その中でも消化器系の副作用が強く現れやすい傾向があります。また、血球や血小板の減少、腎機能障害、肝機能障害、肺炎などの副作用が見られるケースもあります。

化学療法は長期間の治療に加え強い副作用が伴う治療です。その苦痛から途中で断念する人も少なくありません。ですが、感じている苦痛に比例した治療効果が得られる方法なのです。

肺がんを克服するためにも最後まで治療を続ける努力をしましょう。

スポンサードリンク