肺がんガイドトップ > 化学療法白金製剤の特徴や副作用など

白金製剤の特徴や副作用など

白金製剤はプラチナにアンモニア、塩素を加えた薬剤です。DNAに結合することで細胞の複製を阻害する働きを持っています。また、薬剤に体性をもつ癌にも効果を発揮する特徴があります。強い細胞増殖阻害作用を持つ反面、副作用が強い薬剤です。

白金製剤の特徴

化学療法で用いられる抗がん剤は多種多様であり、その作用もな様々です。また、同じ系統の薬であっても、癌の発生部位、組織型、病期などによって使える薬剤に限りが出てきます。

例えば肺がん治療なら、白金製剤(プラチナ製剤)、代謝拮抗薬、トポイソメラーゼ阻害薬、抗がん性抗抗生物質、チュブリン作用薬が一般に適していると言われます。

作用に違いがあるものの、抗がん剤治療のメインとして使われているのが白金製剤です。これは貴金属に使われるプラチナにアンモニアや塩素を結合させたもので、癌細胞の分裂を阻害し、癌を死滅させる効果があります。

薬剤の種類と作用

白金製剤と言われる薬剤にもいくつかの種類がありますが、肺がん治療に使われている白金製剤は、カルボプラチン、シスプラチン、ネダプラチンです。それぞれ特徴を持っており、病期や用途によって使い分けてる事が出来ます。

ただし、多くの癌に適用するシスプラチンが白金製剤の基本になります。

白金製剤には細胞のDNAに結合し、複製を阻害する働きや、癌細胞を自滅させる働きを持っています。その効果は分裂期に高まる傾向がありますが、分裂が行われない時もDNAに作用する効果を示します。更に、抗がん剤の耐性を持った癌にも有効に働くという特徴も持っています。

白金製剤の主な副作用

高い効果と汎用性に富んだ抗がん剤ですが、強力すぎる細胞増殖阻害作用が問題になることもあります。

強い効果は癌の死滅率を上げますが、一方で正常な細胞も大きなダメージを負う危険があります。事実、白金製剤は副作用が非常に強く、特に腎機能に障害をもたらします。そのため投与の際には、薬剤の分解を妨げる生理食塩水と一緒に点滴するのが一般的なのです。

白金製剤の代表的な副作用は腎機能障害です。この副作用の軽減には大量の水分により腎臓を保護する必要があります。

その他、吐き気・嘔吐など一般的な副作用に加え、耳鳴り、聴覚異常,手足の痺れなど末梢神経の異常が現れる事もあります。

スポンサードリンク