肺がんガイドトップ > 化学療法植物アルカロイドの特徴や副作用など

植物アルカロイドの特徴や副作用など

植物アルカロイドは食物の毒素から精製した薬剤です。現在はビンアルカロイド系、タキサン系、トポイソメラーゼ阻害剤などが使われており、主に微小管の形成阻害に効果を発揮します。実際の治療では点滴や注射による投与が一般的です。

植物アルカロイドの特徴

抗がん剤の多くは科学的化合物から作り出されていますが、植物アルカロイドは植物由来の毒素を応用した抗がん剤なのです。つまり、これまでとは全く違う観点から生まれた薬剤と言えます。

使用する植物は多種多様ですが、一般的にはニチニチソウ、イチイなどが用いられいます。

なお、植物アルカロイドは効果ごとにに分類されており、現在はビンアルカロイド系、タキサン系、トポイソメラーゼ阻害剤の3種類が存在します。それぞれ主成分が異なるため、作用や副作用にも違いが出てきます。

主成分によって効果に違いが現れる

植物アルカロイドの効果・効能は使用する薬剤によって大きく異なります。

二チニチソウが主成分のビンアルカロイド系は、細胞分裂に必要な微小管の形成を阻害する効果があります。微小管の阻害により十分な染色体が得られず、癌細胞が死滅するのです。

タキサン系はセイヨウイチイを主成分に作られる抗がん剤です。主な作用は微小管への干渉ですが、ビンアルカロイドとは逆に微小管の形成を促進させます。これにより異常な状態を作り出し、細胞分裂の抑制と死滅を起させます。

トポイソメラーゼ阻害剤は、DNA形成に必要な酵素トポイソメラーゼを阻害する働きを持っています。阻害された事でDNAが切断されるなど不十分な形成となり、癌細胞が死滅するのです。なお、トポイソメラーゼ阻害剤は作用によってⅠ型、II型に分類されています。

植物アルカロイドの主な副作用

植物アルカロイドの投与は、原則、静脈への点滴や注射が一般的です。経口投与が可能な種類もありますが、これは極少数といえます。

また、食物由来であっても抗がん剤である以上、副作用が伴います。症状は薬の系統で異なりますが、吐き気・嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、脱毛などが現れます。排泄障害などの神経障害、アナフィラキシーショックによる呼吸困難、血球が減少する骨髄抑制なども起こり得る可能性があります。

スポンサードリンク