肺がんガイドトップ > 肺がんを早期治療・早期発見するために

肺がん検診で早期発見

肺がん検診は40歳以上の方を対象にしたもので、自治体や保健所が主体となり行っています。問診、胸部X線検査、喀痰細胞診が基本で、異常が見つかると精密検査を受けることになります。実施は年1回、実施日はそれぞれ異なり、事前申し込みが必要です。、検査費用もかかりますが補助が出ることもあるため、申し込み時に確認するといいでしょう。肺がんは高齢になるほど発症率が上がる病気です。検診を有効に活用し、早期発見につなげていきましょう。

肺がん検診とは
40歳以上の方を対象にした検診です。実際の検診では胸部X線検査、喀痰細胞診などの検査を受けることが出来ます。
肺がん検診の費用・受ける間隔
検診は年1回行われますが、検診日は自治体により異なります。また、事前申し込みと若干の費用が必要です。
肺がん検診の検査項目や流れ
問診、胸部X線検査、喀痰細胞診が行われます。万が一、異常が見つかるとCT・MRIなどの精密検査が必要となります。