肺がんガイドトップ > 早期治療早期発見するために肺がん検診とは

肺がん検診とは

肺がん検診は40歳以上の方を対象とした自治体主体の検査です。毎年1回、実施されており、問診、単純胸部X検査、喀痰細胞診により肺がんの有無を確かめます。若干の費用が必要ですが、肺がんの早期発見には欠かせない検査でしょう。

肺がんは早期発見・治療が重要

技術が進歩したことで肺がんも治る病気になりつつありますが、それでも死亡率の高さはそれほど変わっていません。これは他の部位の癌と比べ進行が早く、転移・再発も起こりやすいのが要因です。

肺がんで命を落とさないためには発症しない努力はもちろん、早期発見・治療が可能な体制を作る事が大切になります。そのために活用して欲しいのが定期的な肺がん検診です。

肺がん検診の検査内容

肺の検診は保健所や自治体でも行われています。当然、人間ドックにも項目が設けてあります。検査内容は年齢や本人の希望で違いがありますが、基本的には胸部エックス線検査、喀痰細胞診が行われるでしょう。

胸部エックス線検査は一般にレントゲンと言われるものです。放射線を利用した画像検査で、今では様々な病気の診断に使われています。誰しも一度は受けた事がある検査といっても過言ではないでしょう。

検査は肺内部の陰影を確認します。容易に行えますが良性腫瘍も陰影として写るため、精度に若干の問題があります。また、平面でしか捉えられず他の臓器に隠れた癌、または肺の入り口付近の癌を見落とす危険があります。

痰から癌を調べる喀痰細胞診

次に行われるのが喀痰細胞診です。この検査は痰に癌細胞が含まれているかを確認するものです。起床後にうがいをし痰を採取します。これを連続で3日行えば終了です。

結果が出るまで1、2週間かかりますが、肺門型の癌に有効にはたらきます。ただし、末梢型の癌、2cm以下の癌では陽性率が下がる問題点があります。また、痰がでにくい人は検査事態が難しくなります。喀痰細胞診で陽性反応が出ると気管支鏡検査などの精密検査が必要となります。

これら基本検査はあくまで補助的なものであり、この結果が確定診断に繋がることはありません。しかし、早期発見の糸口になる重要な検査なのです。40歳を超えた方、喫煙歴がある方、家族に喫煙者がいる方、気になる症状が出ている方は是非、この肺がん検診を活用するようにしましょう。

スポンサードリンク