肺がんガイドトップ > 早期治療早期発見するために肺がん検診の検査項目や流れ

肺がん検診の検査項目や流れ

肺がん検診では問診、単純胸部X検査、喀痰細胞診が基本検査になりますが、異常が見つかれば腫瘍マーカー、胸部CT検査、気管支鏡検査などの精密検査を受ける事も可能です。肺がん検診は早期発見に欠かせない検査です。なるべく申し込むようにしましょう。

40歳以上の方を対象にした検査

肺がん検診は40歳以上の方を対象に行われる検査です。各地方自治体、保険組合、保健所、対がん協会の支部などが主体となり実施されています。

保険適用外のため費用が必要になりますが、組合や自治体の補助が受けられる場合もあり検査を希望する方は確認てみるといいでしょう。

検査の基本は問診、胸部エックス線検査、喀痰細胞診です。ここで異常が見つかった方のみ胸部CT検査、気管支鏡検査などの二次検査が実施されます。気になる症状がある方や喫煙歴がある方は、この肺がん検診を必ず受けた方がいいでしょう。

検査の申し込みと検査項目

検査は申し込みが必要になり、各自治体からの封書による申し込みや担当部署へ書類を届け出ることが必要です。

検査は問診から始まります。年齢、喫煙の有無、喫煙本数と期間、持病、気になる症状などを確認します。その後、胸部エックス線検査が行われます。この検査は肺の腫瘍を陰影で表す画像検査です。胸部エックス線検査で問題が見つかった人、基準以上の喫煙歴がある方、50歳以上の方は喀痰細胞診が実施されます。

この検査は名称の通り、痰に癌細胞が含まれているかを調べる方法です。実際の検査は、起床後にうがいをし、その後、専用の容器に痰を収めます。これを3日続けると喀痰細胞診は終了です。この際鼻水や唾液が混入しないよう注意しましょう。検査結果が出るまでに約2週間の時間が必要になります。

異常があれば精密検査が必要

胸部エックス線検査、喀痰細胞診で異常が見つかると精密検査が行われます。一般的には腫瘍マーカー、胸部CT検査、気管支鏡検査が行われ癌の有無を確かめます。ここで癌が見つかると病期や組織型を確認する穿刺吸引細胞診などが実施され、確定診断が行われます。

肺がんは治りにくい癌として知られていますが、現在の医療技術をもってすれば早期の肺がんなら90%の確立で根治が可能です。そのためには早期発見が大前提になるのです。肺がんで命を落とさないためには発症の予防だけでなく、肺がん検診の活用が重要になるのです。

スポンサードリンク